×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

★サークル形状から生じる。 葉緑体てある液体クリスタルによる影響。

サークル内では電磁波が確認された。
○:サークル内の土壌中の磁鉄鉱微粒子が球状に結晶している場合がある。
・サークル内の土壌中の硝酸塩濃度が倍増している場合がある。

○:ミステリーサークル上で放射能が増加したことがあった。(初期の頃)
○:サークル内外で、静電気エネルギーレベルに差が生じる。
☆サークル内は周囲より数十V高い。

○:サークル内で、電子機器が誤動作・停止、電池切れを生ずる。
☆サークル外へ出ると、即復旧する。
・コンパスがぐるぐる回転する場合がある。

○:サークル麦刈取後に、サークル上を微妙に移動する発光体が観測される場合がある。
・日中撮影した写真や赤外線写真に、“オーブ”(たまゆら)が写っている場合がある。

○:サークル内の水の結晶の模様が、サークルの模様と類似する。
  ☆水が周囲の波動記録・転写する特性が、強力な空間エネルギーによって顕現され易くなる。
  ☆サークルの転写水は、治癒エネルギーレベルが非常に高い。
・サークル内では、エネルギーを感じる人がいたり、ヒーリング効果があったり、体調を崩す人がいる。
・コンピュータグラフィック的図形が主体。

○:模様の種類は数千以上に及び、近年模様が増々複雑化・進化している。
  ☆カオス理論から生まれたフラクタル図形、トリプルジュリア集合図形、雪の結晶、天気記号、DNA螺旋構
   デジタル暗号信号、星座、惑星軌道、コンピューターチップ、神聖図形等。

○:イギリスが主体であるが他国でも出現する。
 ☆ストーンサークル等の古代遺跡の密集地で、波動が微妙・次元・エネルギー密度が高く、地球のレイライン上にあり、石灰岩層のマイナスイオンに満たされているため、サークル作製条件に好都合。
 ・他に氷結した湖沼にできるサークル“アイスサークル”や、砂漠に出来る“サウンドサークル”もある。

○:模様や小麦実の配列等を解析すると、メッセージが読み取れるものが出現し始めている。
☆生態系破壊・地球存続危機等の警告、人類の神性の顕現。

○:最近、DNAの螺旋構造や複雑な数学の公式等を表したものが出現している。
○:最近、マヤの暦の終末の日(2012年12月21日)前後における太陽系の惑星の正確な配列を表しているサークルが出現。※2012年12月21日)前後は、2万6千年周期で、銀河系の回転面と地球をはじめとする各太陽系の惑星の回転面が一致する時期。歳差運動の周期に一致。


 


SEO 対策!上位表示後に月/毎1万円のみ。SEO!安全で優良自社の被リンク提供